法律相談と解決までに

税理士資格と法律について

トップ / 税理士資格と法律について

社会保険労務士の役割情報

法律と税理士の関係について

税理士法とは、その資格を持つ持つ者の制度を定める法律です。この法には、資格を持つ者の使命、職務、無資格者の税務の取り扱い禁止 、税務を取り扱う表示の禁止といった事柄を定めています。この資格を持つ者の主な業務としては、税務代理、税務相談、税務書類の作成です。これらの業務は、無償独占業務となっています。資格を持つ者以外が行った場合は、法律上罰せられる事があります。この資格を持ち、関連の業務に従事する者は、納税義務者の信頼にこたえます。また、租税に関する法令に規定された 納税義務の適正な実現を図ることを使命とします。

税理士の仕事について

税金に関する法律というのは、素人には分からないことがとても多いです。ですから、税理士にすぐに聞くことが出来る環境を整えておくことも必要です。違反をするようなことがあった場合には、世の中の信頼を失ってしまうことがあります。一度失った信頼というのは取り戻すのがとても困難になってしまいます。ですから、税金に関する相談をするというのはとても大切なのです。また法律に乗っ取った上で税金に関する処理を行っていくのも大切な仕事となっています。分からないことも迅速に解決させなければいけないということもあるのです。