法律と守るべきルール

公共団体の基準となる法律

トップ / 公共団体の基準となる法律

社会保険労務士の役割情報

法律と上乗せ条例について

地方公共団体は、その自治権に基づいて制定する自主法である条例を定める権利を有しています(憲法94条)。では、法律の定める規制基準よりも厳しい基準を定める(上乗せ)ことは許されるでしょうか。この点、学説では法に反してはならないという条件を緩やかに解し、具体的な法の趣旨目的からみて、より厳しい規制基準を定めることを特に排除しているのではなければ地方の実情に応じて別段の規制を定めることも許されると一般的に考えられています。最近では大気汚染防止法や騒音規制法等の法律を明文でこれを認めるものが散見されます。地方公共団体の住民自治及び団体自治の観点から広く自主的な運営を確保する必要があります。

条例を制定することについて

法律と条令は似ている部分がありますが、やはり法のほうが上とされています。地域に限定をしている規則があり、例えば駅周辺での喫煙を禁止したり、その規則に違反をした場合には罰金が科せられるということもあります。これは全国共通の規則ではなく、地方自治体によって異なってくるものです。地方自治体独自の常識を作るということになるのです。住んでいる地域のルールともなるので、しっかり把握をしておかなければいけません。大抵告示されるので、その内容も分かるようになっているのです。法律だけでなくこうした規則も守らなければいけません。